--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02:17:31
19

『この世界の片隅に』

去年の12月31日だっけ、『この世界の片隅に』が
松山でやっと上映されたの。

「いい!」って聞いていたので、観たかったんです。

で、観に行ったんです。

FullSizeRender.jpg


水曜はレディースデイ!

割と若い女性が多かった気がします。
あとね、中年というより、老年の男性。

戦時中のお話だからかな?

そう、これは戦争を描いた映画です。

舞台は広島・呉。
愛媛人なら、そこがどういう場所かわかりますかね?

広島市も出てくるけど、呉が中心。

遠かった戦争が忍び寄ってきて、
空襲が日常茶飯事になって。

空襲警報が誤報のこともあったり、
「空襲、飽きた〜」って言ったり。

クスッと笑えるシーンも多くて、みんなが愛おしくなります。

だから、戦争が怖くて、辛くて、悲しくて。

泣けました。

映画館では静かに涙したけど、家に帰って声をあげて泣いた。

その場で、その場限りの「感動!」とかいうのではなくて、
じわじわ何かがこみ上げてきて、ずっと心に残る。

そのくらい(どのくらい?)、いい作品。

声優さんも、良かった!

戦後、あの家族や周りの人、まちの人、
みんなの笑顔を、幸せを祈らずにいられない!

実際、そういう人たちが、いまのわたしたちの
少し上の世代なんですよね。

キネマ旬報の日本映画ベスト・テン1位になったからか
松山の上映は2月上旬まで延びたみたいです。

もろもろ言わない方がいいこともあると思うので、言いませんが
とにかくぜひ映画館で観てください!



- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。